施術方法は元の瞼の状態や仕上がりのニーズによって決まる

治療内容と金額の詳細

眼

金額の相場を知る

美容整形の治療の中で長年不動の人気ナンバーワンを誇るのが二重治療です。人気があるという事は治療を受ける人が多いという事です。症例数が増えればそれだけ医療の技術も日々進歩していきます。二重治療と一言で言っても、以前より施術方法の種類が増え、安全性も格段と高くなったため、様々な選択肢の中から自身に合った方法を選ぶ事ができるようになりました。施術方法は大きく分けて2通りあります。簡単に言うと切るか、切らないかの違いです。元々あった施術は切る方です。メスを使って瞼を切開して二重の線を作るので切開法と呼ばれます。一方の切らない方は、切らない代わりに医療用の特殊な糸を瞼に埋め込んで線を作るので埋没法と呼ばれています。埋没法は切開しないので、傷口が小さく、縫合も必要ないので施術後に大きく腫れたり内出血がおきたりする、いわゆるダウンタイムが短く済みます。ダウンタイムだけでなく、費用等に関しても埋没法の方が断然軽い施術になるため、プチ整形などと呼ばれて親しまれています。しかし、施術自体が簡単で費用も安いのなら埋没法の方が良い治療なのかというとそういう訳ではありません。例えば、瞼に脂肪がたくさんついていて全く二重の線がないような人の場合、埋没法でくっきりとした線を作るのは非常に難易度が高くなってしまいます。脂肪が邪魔をするからです。そのような場合は切開法で余剰な脂肪や皮膚を切除した上で二重の線を作る方が成功率が格段と高くなります。埋没法とは異なり、切開した場合は元の瞼に戻るリスクがない事も非常に大きなメリットです。実際に治療を受ける際は手軽さや費用面はもちろん大切な判断材料ですが、どのような施術が自身にとって最適か、しっかり執刀医の意見を聞く事が大切です。

美容整形クリニックであれば大抵どこでも取り入れている二重治療ですが、選択肢が多いとクリニック選びも難しくなります。美容医療は健康保険の対象外となるため自費診療です。自費の場合はそれぞれのクリニックが独自に費用を設定できますし、最近ではホームページ上に金額を掲載している場所も多くありますので、クリニック選びの参考にするとよいでしょう。二重整形の金額の相場は約3万円から50万円です。金額に大幅な差があるのはそれだけ施術方法が多岐に渡っているからです。費用が高額になるのは切開法です。瞼の一部を切開する部分切開と全体を切る全切開がありますが、全切開で余剰な脂肪を切除する方法を両目で行う場合は約30〜50万円程かかる事があります。一方、費用が安くすむのは埋没法です。しかし、一言で埋没法と言っても実は種類が色々とあります。まずは、糸を何点で留めるかによって金額が異なります。留める箇所数が増えると、より仕上がりが自然で見映えが良くなったり、固定が強くなったりするため、1点留めよりは2点、3点と、数が増えると比例して金額も上がります。また、使用する糸も1種類ではありません。最新では髪の毛よりも細くしなやかなのに、頑丈な糸が開発されており、そのようなものは通常よりやや高額になります。通常の糸で1点留めの場合、クリニックによっては約3万円程度で出来る場合があります。2点留めでは5万円、3点で7〜8万円が相場です。高額な糸や技術、オプションを使用した場合でも、埋没法だと10〜15万円程で収まる事が多いようです。

医師の腕に注目

エステティシャン 二重整形は比較的簡単な施術ですが、施術方法やクリニックにより効果や費用にも違いがあるので良く比較してから選ぶ必要があります。医師の腕が重要になるので、確かめるためにもカウンセリングを受けてみましょう。

詳しく見る

比較してから決める

注射器 二重施術は美容整形の中でも身近な存在ですが、クリニックにより費用や効果など異なる点は多いのでしっかり比較して選ぶことが大切です。信頼できる医師がいるクリニックで、アフターサポートも充実している先を選んでおきましょう。

詳しく見る

簡単で気軽に行える

女性 二重整形といっても様々な方法があり、必要となる費用や効果には大きな違いが生まれるので気をつけましょう。もちろんそれだけではなく、医師の腕により納得できる目元を手に入れることができるのかにも差が生まれます。

詳しく見る